マルツ電波 HOME > マルツ物語
会社案内
会社概要 社長挨拶 マルツ物語 資格保有者一覧 店舗・事業所案内 地域活動

マルツ物語

昭和22年(1947年)、福井で電球の行商を始めたことからマルツ電波はスタートしました。
その後、電気部品小売店業を始め、家電ブームが起きた昭和30年代には、洗濯機・冷蔵庫・白黒テレビを販売。
また、昭和42年(1967年)に電気通信工事事業がスタート、これが現在の特機部です。
しかし平成に入り、大店法の緩和が原因となり家電販売業を撤退。
その一方で、携帯電話販売業や電子部品専門店をスタート、
またハイブリットファン等のオンラインショップを開設し、現在に至っています。
創業から、およそ70年。マルツ電波は時代の流れに合わせて形を変えながら、地域社会に貢献し続けています。

■沿革
1947年 マルツ電波商会として発足
1955年 家電販売業を開始
1967年 電気通信工事業を開始、一般建設業許可福井知事(ヲ)第2328号
1972年 株式会社マルツ電波に社名変更
1982年 河北通信工業株式会社を設立
1994年 携帯電話販売業を開始
1995年 株式会社マルツ設備を設立
1998年 リユース品販売業(FC事業)を開始
2002年 電子部品専門店の全国展開開始
特機部福井・敦賀営業所・管理部(現、総務部)にて
ISO9001認証取得(認証番号:MSA-QS-1721)
2003年 電子部品WEB販売開始
2006年 家電販売業を撤退
2010年 新館を設立し特機部・管理部(現、総務部)を移転
2011年 マルツエレック株式会社(株式会社マルツ電波100%子会社)に電子部品・PC販売部門を営業譲渡
谷口電機株式会社(株式会社マルツ電波100%出資子会社)を営業譲受
2012年 本社・特機部・管理部(現、総務部)にてISO14001認証取得(認証番号:ISAE201)
2013年 太陽光発電業を開始、第1号となるマルツ三国鐘場太陽光発電所を開設
2017年 もりもりバイオマス株式会社を設立し、木質バイオマス熱供給事業を開始
2018年 リユース品販売業(FC事業)を営業譲渡