マルツ電波 HOME > 新エネルギー事業
新エネルギー事業

新エネルギー

木質バイオマスエネルギー

あわら市・坂井市三国町の観光施設の熱源として、化石燃料の代わりに、県産の未利用木材をエネルギーとしてもりもり使いながら、森林を適正に管理し持続可能な循環型社会づくりに取り組む事業を行っています。環境省・林野庁の事業採択を受け平成26年度より開始した実証事業「あわら三国木質バイオマスエネルギー事業協議会」の3年間の活動で得られた事業ノウハウを引き継ぎ、民間事業として運営していくため、もりもりバイオマス株式会社を設立しました。「地球に優しい地産地消の熱エネルギー」を安定・安価で提供し続けることを目的とし、あわせて、あわら三国エリアでの木質バイオマス熱エネルギー利用システムの普及促進を目指します。
もりもりバイオマス株式会社HP:http://morimori-biomass.jp/

木質バイオマスボイラ3基 薪・ペレットストーブの導入

木質チップボイラ1号機をあわら温泉の旅館、2号機を三国町のホテルに設置、3号機をあわら温泉のホテルに設置。熱源はシャワーなどの給湯として使用されます。
熱量の計測機器や遠隔監視システムも導入し、
メンテナンスとあわせ、効率的安定的に稼働
しています。
また、薪ストーブやペレットストーブ
あわせて6基をあわら温泉の旅館等に設置。
地域ぐるみで木質バイオマスエネルギー
の普及につとめていきます。

マルツの森

福井県坂井市丸岡町の竹田にある森林を取得。
広葉樹林の木質燃料による有効活用、
効率的な森林の伐採手法の取組として、
列状間伐の実証を行います。

【木質チップボイラ】

太陽光発電

太陽光発電

●FIT制度を活用し、自社で太陽光発電所(設備)を設計・施工・メンテナンス・運営事業を展開しています。

消化ガス発電

浄化センターで発生する余剰消化ガスを購入し、FIT制度を活用して自社で消化ガス発電設備の設計・施工・メンテナンス・運営事業を展開しています。

  • 日野川浄化センター
    消化ガス発電設備(福井県福井市)

    消化ガス発電(コージェネレーション型)
    マイクロガスエンジン発電機25kw×12基
  • 九頭竜川浄化センター
    消化ガス発電設備(福井県坂井市)

    消化ガス発電(コージェネレーション型)
    マイクロガスエンジン発電機25kw×10基
  • マルツ越前家久浄化センター
    消化ガス発電所(福井県越前市)

    消化ガス発電(コージェネレーション型)
    マイクロガスエンジン発電機25kw×1基

小水力・マイクロ水力発電

  • 鷹巣マルツマイクロ水力発電設備
    (福井県福井市)

    ダムや河川等を活用した小規模なマイクロ水力発電システムのコンサルテーション、設計・施行、メンテナンス事業を展開しています。
    【最大出力】
    0.1kw

燃料電池コージェネレーションシステム

  • 燃料電池コージェネレーションシステム

    一般家庭で導入されている燃料電池コージェネレーションシステムの設計・施工、メンテナンス事業を行っています。

気軽に、ご連絡・お問い合わせください。
現地調査、運営シミュレーション、御見積を致します。
【お問い合わせ先】 株式会社マルツ電波
TEL:0776-27-3302 FAX:0776-27-0210
担当:大城 ooshiro.kenji@marutsu.co.jp