マルツ電波 HOME > 新着情報 > オーストリアにて木質バイオマス事業の視察を行いました。
新着情報

新着情報 平成25年06月14日

オーストリアにて木質バイオマス事業の視察を行いました。
~オーストリア視察レポート~

主  催: (株)三菱総合研究所 プラチナ研究会
共  催: (株)木構造計画 (株)アルファフォーラム
参加者: 3 名ドコモ様より、DS二の宮店 砂田美加さんがCS表彰を受けました!

昨年より再生エネルギーの買取制度が始まり、マルツ電波も太陽光発電(3MW)を中心に、
自然エネルギー事業に取り組んでおります。木質バイオマスも再生エネルギーの一つとなります。
現在、日本の山林は戦後( 昭和15年~) に行われた拡大造林政策によって生み出された多くの人工林が収穫期を迎えていますが、伐採されないまま放置されている森林が目立ちます。収穫期を迎えた森林を伐採し、植えて、育てる、そして伐採するというサイクルを回す必要があります。オーストリアはこのサイクルを円滑に実施し、木質バイオマス事業において世界的にも進んでます。

《視察内容》

  • ①オーストリアの林野庁訪問
    オーストリアの森林活用の現状説明

  • ②G3 ショッピングセンター訪問
    世界最大級の木造建築物を視察

  • ③MAYR MELNHOF HOLZ 社訪問
    実際の森林伐採現場を視察

  • ④HASSLACHER NORICA TIMBER 社訪問。製材・ペレットの生産・発電事業を視察

  • ⑤KLH 社訪問。CLT(クロスラミネードティンバー) の工場視察

  • ⑥STARCHL 社訪問
    チップ製造の現場を視察

  • ⑦KWB 社訪問
    ボイラー製造メーカーを視察

  • ⑧HITZENDORF 社訪問
    地域熱供給事業を視察

  • ⑨GUSING 市(持続可能エネルギーモデル都市) 訪問。木質ガス化発電視察